那覇市の整体なら骨盤矯正来院者県内NO.1を誇るおなが那覇整骨院

おなが那覇整骨院


スポーツによる肩関節や肘の痛みの施術(野球肘やテニス肘など)

ボールを投げると痛む肘

投球動作で肘に痛みが出るものを総称して野球肘と呼んだりします。この肘の痛みのほとんどが肘の内側の痛みです。原因としては投げるフォームが肘関節に負担をかけているのですが、実際はそれだけではありません。ほとんどの野球肘の人たちが肘関節と前腕部分に問題が発生しています。中には肘関節にはほとんど問題がないのに前腕部分の問題がありそれだけのせいで肘関節に痛みを発生させていることも少なくありません。
おなが那覇整骨院では肘関節矯正を行います。ただしそれと合わせて肘を動かす上腕部分の筋肉の深部ストレッチと肘の内側から始まる前腕屈筋群の深層筋肉調整を合わせて行うことで再発予防も行います。
スポーツによるケガ

ラケットを振ると痛む肘

テニスやバトミントンなどラケットを振る競技は多くあります。ただオーバーハンドまたサイドスローなどで振る際の肘の痛みと、バックハンドで振る際の肘の痛みは痛みの出る部分が違ってきます。オーバーハンドのモーションが原因となって出る肘の痛みは多くが肘の内側の痛みです。それに対してバックハンドのモーションが原因となって出る肘の痛みは肘の外側に発生します。かかる負担部分が違うのと使われる筋肉が全く違うからです。
肘の外側の痛みの場合は肘関節矯正とともに肘の外側から始まる前腕伸筋群の深部筋肉調整を合わせて行います。

おなが那覇整骨院では肘関節の関節調整をもちろんですがその肘の内側に繋がっている前腕の屈筋群の深層筋肉調整法や、超音波施術とハイボルテージ電気を用いた肘関節への筋負担抑制施術などを合わせて行うことで
回の施術でもかなりも効果を感じることができます。
肘テーピング肘の痛みは慢性化しやすいので早めの施術が大事になってきます。

野球肩

野球肩で来院する子供さんの多くはオーバーユース(投げ過ぎ)によるものです。練習を休みしばらくすれば痛みはおさまりますが投げ始めるとまた肩の痛みを訴える子も少なくありません。痛みを感じたらまずはアイシングをすることが大切です。そして適切な治療を受けることが大事です。おなが那覇整骨院では五十肩施術を応用した施術で痛みをとっていきます。そして野球肩再発防止の為に当院ではスポーツテーピングや投球練習の前にする投球(ゼロ真下投げ)を指導しております。投球前にゼロ真下投げを行う事で95%以上の子供達の肩の痛みがなくなりました。野球肩に悩んでいるならぜひご相談下さい。
肩関節電気施術

ラケットをふると痛む肩

テニスやバトミントン、ゴルフもそうですがラケットなどをもって行う競技は多いです。オーバーハンドでラケットを振ると、ただ腕を振るよりも肩の関節にかかる負担はラケットの重さ分の遠心力が肩関節に加わることで肩関節にかかる負荷はかなり大きくなります。スイングフォームが正しいことははとても大事ですが、姿勢が正しいことと筋バランスが正しいことも重要になってきます。腕を振る際には肩甲骨と鎖骨と上腕骨がバランス良く動きます(肩甲上腕リズムを含めた動き)それらを上手く動かすためには姿勢と筋肉のバランスが良い状態でないとスムーズには動きません。ケガの元となる事もあります。おなが小禄整骨院では肩関節の関節矯正はもちろんですが姿勢を改善させるための調整と筋バランスを整えるための深部筋肉調整やポイントを絞った局所ストレッチ施術法を行ってい行きます。
肩テーピング


電気施術機器  電気施術機器


おなが那覇整骨院では学生のケガ、草野球のケガであっても日本代表選手やプロ野球選手などのプロスポーツ選手たちが使用する立体導体波やハイボルテージ電気といった最新電気施術器を用いた施術や、トップトレーナーより直接指導して頂いたスポーツテーピングなどを合わせて行っていきます。

おなが那覇整骨院のご案内

住      所:
〒902-0074
沖縄県那覇市仲井真297-1 
アクセス:
TSUTAYA国場店交差点向かい
お問い合わせ・ご予約
098‐855‐5088
受付時間:
平日
午前9:00~12:30
午後15:00~19:30 

土曜
8:00~15:00
定休日:
日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ