那覇市の整体なら骨盤矯正来院者県内NO.1を誇るおなが那覇整骨院

おなが那覇整骨院


スポーツが原因の膝やかかとの痛み(成長痛を含む)

走るときに膝の外側が痛い(ランナーズニー腸脛靭帯炎)

マラソン大会に向けて急にジョギングなどを始めると膝の外側に痛みが発生することがあります。ランナーズニー(腸脛靭帯炎)と呼ばれるものです。ほとんどの人が急に走り始めた際に発生するのですが、中にはいつも走っているのに走るフォームが変わったために発生することもあります。基本的には足の内側に重心をかけていれば発生しないのですが、足の外側に重心をかけている方達が発生しやすいです。症状としては痛みが出るのは走っている時だけです。走らなければ痛みはありません。日常生活では全く痛くないですが走ると膝の外側が痛くなります。おなが那覇整骨院では押れの外側の大腿筋膜張筋の深層筋調整と脚の外側の局所的ストレッチをしっかりと行い超音波治療やハイボルテージ電気治療などを合わせて行うことで早期回復を図っていきます。
スポーツによる痛み

ジャンプすると痛む膝(ジャンパーズニー)

バスケットボールやバレーボールなどプレイ中にジャンプをする多い競技ではジャンパーズニーと呼ばれる膝の痛みが発生することがあります。その多くは原因として膝関節の問題とともにストレッチ不足が上げられます。大腿四頭筋という太もも前面の筋肉の柔軟性低下による物も原因ということです。この症状の場合は大腿四頭筋の深部筋肉調整と局所ストレッチに骨盤矯正(体幹安定のため)などを合わせて行います。
学生

膝の成長痛(オスグッドシュラッダー病)

成長痛といって甘く見ないで!身長を止めることも!!!バスケットボールやバレーボールなどのジャンプが多い競技を頑張っている子供たちの中には身長が伸びる時期に膝が痛むことが有ります。小学3年生位~中学生2年位の時期になる子が多いです。そのほとんどがストレッチ不足によるものです。足の骨(大腿骨)は成長とともに縦方向に伸びようとしているのに運動量に対して筋肉のストレッチが足りていないと筋肉は縦方向に縮こまろうとするので筋肉の付着部である膝部分にズキッとひびく症状がが発生してしまうわけです。放っておくと膝下の骨(脛骨)が縦方向に伸びずに前方に伸びてきてしまい膝に角のような突出ができてしまいます。
これは本来身長になる分が前方に伸びたような物です。膝の成長痛はただ痛いだけでなく本来伸びる分の身長を停めてしまう恐れもあるので早めの施術が必要です。
おなが那覇整骨院では膝関節の調整はもちろんですが、それとともに大腿四頭筋深層筋調整やピンポイントストレッチをしっかりと行う施術で膝の症状を軽減させていきます。さらに膝から大腿四頭筋にかけての超音波施術やハイボルテージ電気施術なども行い、症状に応じてスポーツテーピングも巻いていきます。
膝テーピング

踵の痛み(セーバー病)

バスケットボールやバレーボールなどを頑張っている子供たちの中には身長が伸びる時期にかかとが痛むことが有ります。小学3年生位~中学生2年位の時期になる子が多いです。そのほとんどがストレッチ不足によるものです。足の骨(下腿の骨)は成長とともに縦方向に伸びようとしているのに運動量に対して筋肉のストレッチが足りていないと筋肉は縦方向に縮こまろうとするので筋肉の付着部であるかかと部分にズキッとひびく症状が発生してしまうわけです。
放っておくと足裏のアーチまでゆがんでしまい、足首の捻挫なども起こりやすくなってしまうので早めの施術が必要です。
おなが那覇整骨院では足のの調整はもちろんですが、それとともにふくらはぎの腓腹筋深層筋肉調整やピンポイントストレッチをしっかりと行う施術でかかとの痛みを軽減させていきます。さらにかかとから腓腹筋にかけての超音波施術やハイボルテージ電気施術なども行い、症状に応じてスポーツテーピングも巻いていきます。
踵の固定テーピング

イトーES5000.jpg  伊藤超短波新聞


おなが那覇整骨院では学生のケガ、社会人のケガであってもオリンピック日本代表選手やプロ野球選手などのプロスポーツ選手たちが使用する立体導体波やハイボルテージ電気といった最新電気治療器を用いた施術や、オリンピックトレーナーより直接指導して頂いたスポーツテーピングなどを合わせて行っていきます。

 

おなが那覇整骨院のご案内

住      所:
〒902-0074
沖縄県那覇市仲井真297-1 
アクセス:
TSUTAYA国場店交差点向かい
お問い合わせ・ご予約
098‐855‐5088
受付時間:
平日
午前9:00~12:30
午後15:00~19:30 

土曜
8:00~15:00
定休日:
日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ