----------

成長痛(オスグッド病、セーバー病)

バスケットボールやバレーボールなどのジャンプが多い競技を頑張っている子供たちの中には身長が伸びる時期に膝が痛むことが有ります。小学3年生位~中学生2年位の時期になる子が多いです。そのほとんどがストレッチ不足による物です。足の骨(大腿骨)は成長とともに縦方向に伸びようとしているのに運動量に対して筋肉のストレッチが足りていないと筋肉は縦方向に縮こまろうとするので筋肉の付着部である膝部分に痛みが発生してしまうわけです。放っておくと膝下の骨(脛骨)が縦方向に伸びずに前方に伸びてきてしまい膝に角のような突出ができてしまいます。
これは本来身長になる分が前方に伸びたような物です。
膝の成長痛はただ痛いだけでなく本来伸びる分の身長を停めてしまう恐れもあるので早めの施術が必要です。
オスグッドバナー.jpg

診察料金と予約について

妊婦整体(マタニティ整体)

よくあるご質問

一緒に働きませんか?スタッフ募集

小禄院について

おしらせ